機械・ツール

ティンバースポーツの圧巻のデモも! STIHLが『MS 500i』発売記念イベントを開催

STIHLが、電子制御フューエルインジェクションチェンソー『MS 500i』の発売を記念し、フォレストリーフェスティバルを開催。栃木でのイベントの模様をレポートする。

話題のニューモデルを
いち早く体験!

ドイツのチェンソーブランドSTIHLが、9月21日、栃木でフォレストリーフェスティバルを開催した。

本イベントは、10月1日に販売開始した電子制御フューエルインジェクションチェンソーMS 500iの発売を記念して開かれたもの。ニューモデルの魅力をいち早く体感できるとあって、会場は大いに賑わった。


MS 500i』は、世界初のキャブレーターのないチェンソー。電子制御フューエルインジェクションによりスムーズな始動、優れた加速性、強力なパワーを発揮し、人の動きに素早く反応する操作性の良さが売りだ。

会場内には、『MS 500i』の威力を体験できるブースも! 実際に針葉樹と広葉樹の丸太を使って試してみたところ、切り込み始めた途端にチェンソーが軽くなったように感じる

これは標高、温度、湿度などの作業条件をもとに、コンピューターが最適なエンジンパワーを出せるよう調整しているためとのこと。作業効率の向上が期待できそうだ。

その他にも、来場者による丸太の早切り大会や、ニュージーランド伐木工業会公認トレーナーであるウェイン・ジョーンズ氏による伐木デモンストレーションが行われ、『MS 500i』のスピードやパワー、扱いやすさを客観的に見ることができた。

また、STIHLがスポンサーを務めるティンバースポーツ(木こりの技術を競い合う競技)のデモンストレーションも行われた。全米チャンピオンに6回輝いたマット・クーガー氏による斧や巨大のこぎりなどを使ったパフォーマンスに、会場からは拍手がわき起こった。

さまざまな体感型コンテンツで来場者を楽しませた本イベントは、盛況のうちに幕を閉じた。多くの魅力が披露された『MS 500i』は、チェンソー世界販売台数1位を誇るブランドの名にふさわしい、最先端のモデルと言えるだろう。

なお、本モデルは昨年秋よりヨーロッパで先行販売されているが、未だ反響が大きいという。

日本でもエンジンチェンソーの新たな時代の幕開けとして話題になりそうだ。

DATA

株式会社スチール


Text:Yuka Miyadera

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える
  2. 「みちのくあじさい園」の経営で名所となった林業事業
  3. 減少を続ける”林家”の手取り。 本当に国が掲げるべき政策とは?
  4. 日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ
  5. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  6. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  7. 国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!
  8. 高効率&低コストで実現! 知っておきたい「木質バイオマス利活用」のはじめかた
  9. 山形県が森林の皆伐を容認!? 国内産木材需要に応えられないジレンマ
  10. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら