注目キーワード

機械・ツール

ティンバースポーツの圧巻のデモも! STIHLが『MS 500i』発売記念イベントを開催

STIHLが、電子制御フューエルインジェクションチェンソー『MS 500i』の発売を記念し、フォレストリーフェスティバルを開催。栃木でのイベントの模様をレポートする。

話題のニューモデルを
いち早く体験!

ドイツのチェンソーブランドSTIHLが、9月21日、栃木でフォレストリーフェスティバルを開催した。

本イベントは、10月1日に販売開始した電子制御フューエルインジェクションチェンソーMS 500iの発売を記念して開かれたもの。ニューモデルの魅力をいち早く体感できるとあって、会場は大いに賑わった。


MS 500i』は、世界初のキャブレーターのないチェンソー。電子制御フューエルインジェクションによりスムーズな始動、優れた加速性、強力なパワーを発揮し、人の動きに素早く反応する操作性の良さが売りだ。

会場内には、『MS 500i』の威力を体験できるブースも! 実際に針葉樹と広葉樹の丸太を使って試してみたところ、切り込み始めた途端にチェンソーが軽くなったように感じる

これは標高、温度、湿度などの作業条件をもとに、コンピューターが最適なエンジンパワーを出せるよう調整しているためとのこと。作業効率の向上が期待できそうだ。

その他にも、来場者による丸太の早切り大会や、ニュージーランド伐木工業会公認トレーナーであるウェイン・ジョーンズ氏による伐木デモンストレーションが行われ、『MS 500i』のスピードやパワー、扱いやすさを客観的に見ることができた。

また、STIHLがスポンサーを務めるティンバースポーツ(木こりの技術を競い合う競技)のデモンストレーションも行われた。全米チャンピオンに6回輝いたマット・クーガー氏による斧や巨大のこぎりなどを使ったパフォーマンスに、会場からは拍手がわき起こった。

さまざまな体感型コンテンツで来場者を楽しませた本イベントは、盛況のうちに幕を閉じた。多くの魅力が披露された『MS 500i』は、チェンソー世界販売台数1位を誇るブランドの名にふさわしい、最先端のモデルと言えるだろう。

なお、本モデルは昨年秋よりヨーロッパで先行販売されているが、未だ反響が大きいという。

日本でもエンジンチェンソーの新たな時代の幕開けとして話題になりそうだ。

DATA

株式会社スチール


Text:Yuka Miyadera

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 世界が注目!? 小笠原の厄介者アカギが高品質リコーダーに。離島経済へ貢献の可能性...
  2. 森林認証制度「PEFC」と「FSC」の違いって何? 特徴や取得方法を徹底解説
  3. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【ヘルメット編】...
  4. 今までのハーネスはNG!? 林業現場が知るべき2022年1月新規格のポイント!
  5. 導入指導レポート! コンラート社架線集材用クローラ型タワーヤーダ、森林組合が初導入...
  6. ベテランフォレスターが徹底比較! 現場目線で語るアイテム試着レビュー【防護パンツ編】...
  7. メーカー担当者に聞いた! 最新チェンソーの賢い選び方
  8. 《いざ! 特殊伐採》高所作業車の購入はココで! 信頼と実績のおすすめ販売先3選...
  9. 「安全性・正確さ・スピード」を競え! チェンソー技術日本一を決める競技会、開催間近...
  10. 要確認! 墜落制止用器具の2022年からの新ルール。林業ではどれを選べばいいの?...

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.11|¥0
2022/3/24発行

お詫びと訂正

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら