機械・ツール

過酷な林業現場をストップさせない! 作業者の負担を減らすエンジン冷却システムに注目

作業者のストレスを軽減する、防塵・防音性能を高めたエンジン冷却システム「iNDr」。コベルコ建機の林業専用機「SK75SR-7F」に搭載される、その仕組みについて話を聞いた。

コベルコ建機の独自システム

フォレストジャーナルで度々ご紹介しているコベルコ建機の林業専用機『SK75SR-7F』。同社の新型7トン級油圧ショベルがベースだ。エンジン出力の向上とパワーアップチューニングが施されており、登坂走行速度は従来機種比で26.9%もアップ。斜面でも力強い旋回が可能だ。さらに、使いやすさと居住性に焦点を当ててデザインされているキャビンも高く評価されている。

今回注目したのは独自のエンジン冷却システムの『iNDr』だ。このシステムの特徴は大きく3つ。

1つ目は高密度のメッシュフィルターで、吸気中の木くずやほこりの侵入をブロックする「防塵性」の高さ。2つ目はエンジンや冷却ファンの音を吸収する「静音性」の高さ。そして3つ目は、「メンテナンス性」の高さだ。


高密度フィルターで、吸気中のダストの侵入をブロック。冷却機器やエアクリーナーの目詰まりを防ぐ。

ダスト類の侵入がフィルターで防がれているため、ラジエーターやオイルクーラーを毎日清掃する必要が減り、日常的な手入れはフィルターの清掃のみ。先日行われたひむか維森祭での実演では、作業者がフィルターをサッと取り外し、そのあと簡単に装着していた。


日常点検はフィルターを目視チェックするだけ。取り外して丸洗いも簡単。

フィルターは、山型と谷型が連なる形となっているのだが、その理由をコベルコ建機日本の宮崎営業所長・松田さんが教えてくれた。

「埃は谷部分に集まる構造ですから、フィルター全面が目詰まりしにくいんですよ。そのうえフィルターは工具なし・ワンタッチで簡単に脱着できます。ですから現場でもササッと木くずを落とすことができるんです」。

日々現場で使うものだからこそ気になるメンテナンスの容易さもまた『SK75SR-7F』の強みなのだ。


エンジンや冷却ファンの音をダクト内で吸収し、運転時の音漏れを限りなく小さく抑える。

 

 

 

DATA

SK75SR-7F


運転質量:8,300kg(ドーザ含む)
標準バケット容量:0.28㎥
旋回速度:11.5 min-1
走行速度:1速2.7km/h・2速5.0km/h
最大掘削力(バケット/アーム):60.2/39.4kN
登坂能力:58%(30度)

お問い合わせ

コベルコ建機株式会社

〒141-8626 東京都品川区北品川5-5-15
TEL:03-5789-2111


Text:Reijiro Kawashima

FOREST JOURNAL vol.3(2020年春号)より転載

Sponsored by コベルコ建機株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. 森林組合法改正案が閣議決定! 法案成立前にポイントを理解しよう
  2. 無人駅に木製アートベンチを! 地域と森を繋ぐプロジェクトとは
  3. 林業で一番大事なスキルとは? 業界で用いられる「意識改革」の意味を考える
  4. サッカースタジアムが森林になる!? 自然環境保護の必要性を表現!
  5. 世界基準のアーボリスト技術と知識が学べる!アーボリスト®トレーニング研究所とは?
  6. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  7. 雑草に悩む林業者必見! 知っておきたい刈払機の賢い選び方とは?
  8. 林業のイメージをがらりと変える! 特殊伐採(アーボリカルチャー)の影響力とは
  9. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新春号3/17発行!
  10. 他業種交流でイノベーションを!『SUSTAINABLE FOREST ACTION 2020』参加者募集中

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2020/3/17発行

 


 


Follow Me


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら