「海外トレンド」の検索結果

持続可能な森林づくりのために、何ができるのか。ドイツの森林官、ミヒャエル・ランゲさんと、森林コンサルタント、池田憲昭さんによる講演会『「気配り」森林業』は、その疑問に答えをくれた。

日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ

地理情報システム(GIS)をベースとして、衛星画像やセンシング、気象、地理データなどを人工知能(AI)が解析し、効率的な木材売買へと繋げるソリューションがフィンランドで開発中だ。

木材売買の未来が変わる……!? AIが森林資源の樹種や品質を予測

樹種や土壌などから樹木が生育しやすい場所を特定し、ドローンで植林! 今までよりも速く、効率的で、コストを軽減できるのが大きなメリットだ。

ドローンで上空から種をまく!? 森を育てる新たな植林ソリューションとは?

人と自然とのつながりを感じながら、五感をフルに活かして食を楽しむオランダのイベント。開放的な空間に癒やされそうだ。

起業家や学者など750名が集結! 自然の中で食を楽しむ「フードフェスティバル」

木々の健康状態がひと目でわかる……!? ベルギーで新たなプロジェクトが始まった。街の樹木を効率的にモニタリングすることで、管理やメンテナンスに役立てる試みだ。

街の木々の健康状態を可視化! IoTを活用したプロジェクトが始動

ドイツで開発中の、林業オンラインマーケット『フォースティファイ』が、いよいよ試験運用を開始。木材生産者と加工業者が直接売買できる手軽さに、注目が集まっている。

生産者と加工業者をつなぐ! 「原木売買プラットフォーム」って?

スウェーデンで、驚きの最新トラックが開発中だ。ドライバーによる運転は不要で、オペレーターの遠隔操作でトラックが動く仕組み。公道を走る日も近いかもしれない。

運転席は必要ナシ……!? 世界初、木材を運ぶ「自律走行型電気トラック」が登場

ブラジルのスタートアップ企業が、先端技術を使った森林モニタリングシステムを開発。すでに海外の一部林業地帯では、このシステムが導入されている。

ブラジル企業が開発! IoTとAIを活用した森林モニタリングシステムがスゴい

アクセスランキング

  1. 森と木を身近に!子供への木育は林業振興の第一歩
  2. 林家の経営意欲の向上が林業を成長させる!? 国が掲げるべき政策とは
  3. プロ仕様の高性能! 新世代チェンソー『545/550XP® Mark II』登場
  4. フリーマガジン「フォレストジャーナル」最新冬号12/13発行!
  5. ソーチェーンとして世界一採用される理由とは? 随一の技術力で林業ギアを支える
  6. 伐木も枝払いもコレ1台でOK!? ウワサのSTIHL最新チェンソー『MS 500i』を使ってみた
  7. 国や林野庁はどう進める? スマート林業推進の施策を直撃!
  8. 日本の森は“手遅れ”ではない! ドイツ式“気配り森林業”に学ぶ
  9. 年間素材生産量が2倍に! 作業効率を格段にアップさせた最新機械って?
  10. “ウッドデザイン賞2019”が決定! 中高層木造ハイブリット建築が最優秀賞に!

フリーマガジン

「FOREST JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2019/12/13発行

 


 


» Special thanks! 支援者さま一覧はこちら